b:id:sample b:id:sample:20050707 b:id:sample:favorite b:id:sample:asin [b:id:sample:t:hatena] [b:t:hatena] [b:keyword:はてな] [b:keyword:個人情報] [b:keyword:ロングカーディガン] [b:keyword:楽なダイエット]

PHILOSOPHIA_SOCIETY

社会のフィロソフィアを探しています。そのような世界について記述してみることをしています。

フェミニンなオーガンジーをロングカーディガンなどで着こなす

一枚羽織るだけで高級感のあるフェミニンなイメージを演出することができるロングカーディガンのなかでも、オーガンジーの生地のものが、人気を集めています。ロングカーディガンやブラウスにおいて、一つの人気アイテムとなっています。オーガンジーは、透け感があり、ハリのある生地なので、綺麗にフェミニンでスタイルをよく見せることができます。透け感のある素材のなかでもオーガンジーは、ドレスやパニエなどといった華麗な衣装の世界などから、様々なところで使用されていることからも、とても見た目が美しいことが歴史的にも高く評価されています。

f:id:PHILOSOPHIA_SOCIETY:20200808231808j:plain

一枚羽織ることでイメージが大きく変わる

重ね着として、一枚羽織る時にも、透け感があることから、ロングカーディガンの下に着ているものとのコーディネイトまで、きれいに演出してくれるので、重ね着においてポイントとなるアイテムとして人気がとても高くなっています。オーガンジーは、基本的に生産量が少なくて、希少性がある素材となっています。特有のハリ感や、光沢感があるところにも魅力があります。弾力性や、ボリューム感を作り上げたいときには、ピッタリな生地です。肌触りも、とても滑らかです。

f:id:PHILOSOPHIA_SOCIETY:20200808232329j:plain

スタイリングもうまく作れる

ボデ―ラインは、Iラインで魅せるようにすることができます。顔だちをはっきりとさせる効果もあります。ヒップが気になる方には、うまく隠すことができるアイテムです。デニムなどにも合わせやすので、コーディネイトを作ればとても使いやすいアイテムです。大人っぽいイメージばかりでなくて、ガーリッシュなイメージでもオーガンジーのロングカーディガンやブラウスがコーディネイトに使われています。フェミニンなドレープ感のあるスカートがほしい時には、オーガンジーを使用しているロングスカートなどがとても魅力的です。

philosophia-society.hatenablog.com

繊維素材でイメージが変わってくる

オーガンジーは、織り方の名称であり、繊維素材そのものではないことから、どんな繊維のものが自分用のコーディネイトに合うのか、考えるとさらに洗練されたコーディネイトが作れます。人気なのは、シルクオーガンジーや、サテンオーガンジーです。光沢感を強めに出したいときには、シルクのオーガンジーが最適です。さらに光沢感の強めなものとして、クリスタルオーガンジーがあります。日常的なファッションにおいては、コットンやレーヨンで作られたオーガンジーなども人気があります。

希少価値で知られているウーリー分繊糸

世界的に最高級的に認識されているのは、ウーリー分繊糸のオーガンジーで、希少性があります。生産することができるのは、国内でも少数となっています。ウーリー分繊糸の特徴は、細い繊維であることなどです。強度がほしい時には、ポリエステル系がおすすめです。

自分で作る人も多くなっている

市販では、オーガンジーの繊維素材において、なかなか自分のほしいタイプが見つからないこともあり、自分でオーガンジーの生地から、カーディガンやブラウスを作成する人もかなりいるようです。ブラウスの縫製においては、襟や前立て、カフスにおいて芯地をどうするかなどのところで、技術的に少し難しいところがあるようです。

f:id:PHILOSOPHIA_SOCIETY:20200808232447j:plain

よく見るとチュールとは、生地にちがいがある

オーガンジーは、透き通っているかんじの平織りの布地を意味しています。チュールの場合には、生地が網目状になっていることから、それぞれにちがったイメージがあります。コーディネイトなどの使用用途に合わせて、生地を選ぶことも必要です。

トレンドなコーディネイトは?

オーガンジーのロングカーディガンとのコーディネイトとしては、細めのストレートタイプのデニム、スキニー、柔らかめの素材のストレート系ボムス、細めのAラインスカートなどが、とても人気となっています。夏や秋のイメージングをきれいに演出するオーガンジーのロングカーディガンは、とても注目されています。そしてカットソーやシャツ、ブラウスなどの上にロングカーディガンを羽織るイメージです。

f:id:PHILOSOPHIA_SOCIETY:20200808232544j:plain

洗濯などの時に注意が必要

オーガンジーは、洗濯でしわなどがついてしまう可能性があるので、手洗いするほうが良い場合があります。使用上の注意をよく読んでおくことが大切です。

カーディガン コーディガン レディース ロングカーディガン レース 長袖 UVカット カーデ シースルー ガウン 体型 カバー 紫外線カット オーガンジー 羽織 冷房対策 透け感 速乾 薄手 夏 定番 sss

A

カーディガン コーディガン レディース ロングカーディガン レース 長袖 UVカット カーデ シースルー ガウン 体型 カバー 紫外線カット オーガンジー 羽織 冷房対策 透け感 速乾 薄手 夏 定番 sss

A

rps (W)テレコタンク付きオーガンジーオーバーシャツ アールピーエス シャツ/ブラウス シャツ/ブラウスその他 ピンク ブラック パープル

季節に合わせて最適なものを選ぶ

オーガンジーの生地には、様々なものがあり、透け感もイメージが使用する意図によって、かなりちがいます。季節的にも、夏向けの涼しい感じのものから、秋向けの比較的に保温性のあるものまでありますので、季節に合わせて最適なものを選ぶことが大切です。

philosophia-symbioticsociety.tokyo

philosophia-symbioticsociety.tokyo